Latest Entries

はじめに

当ブログは主に医学部受験に関する勉強法、参考書レビュー、受験相談、および家庭教師のご依頼などを承っております!今まで書かせて頂いた記事は、下記リンクに見やすくまとめてありますので、是非ご活用下さい(^_^)


当ブログと管理人プロフィールについて


管理人ぴとの出版書籍について


ご相談のご依頼について


家庭教師のご依頼について
一時休止中です。

各記事のまとめ



以上のことで何かご質問や実際にご依頼などして頂ける際は、

pito_igakubujyukenn@yahoo.co.jp

までどうぞご気軽にご連絡頂けましたら幸いです!(^_^)


医学部受験生交流掲示板

掲示板を設置しました!どうぞ息抜きにお使い下さい(^_^)

このブログがほんの少しでも皆様のお力になることが出来ましたら、
是非1クリック押して頂けたら嬉しいです!更新の励みになります(^^)



国公立医学部 前期日程

皆様こんばんは!

時期的に国公立前期日程真っ只中という感じでしょうか

私はブログ開設当初から、医学部は実は思っているよりずっと簡単と主張し続けていますが、それでもやはり国公立医学部は、なかなか簡単とは言えないのが現状ですね

国公立はセンターでまず高得点を取らなければそもそも土俵に上がれないこと、そして二次も比較的素直な問題中心なので高得点勝負にならざるを得ないことからやはりハードな試験です

1問のミスが非常に痛いという点で、マーク式のセンター試験と記述式のセンター試験を受けているように個人的には思います

簡単な問題でミスをしないと言葉で書くと簡単そうですが、これがなかなか実行しようと思うと難しい
人間である以上、メンタル、体力なども作用してくるためです

私は自大学以外受験してないので国公立についてあまり言及できる立場にありませんが、ブログ開設当時アドバイスさせて頂いた受験生の方が国公立医学部に合格されたので、その経験から言うと、国公立の合格で一番大切なのはなんと言っても完成度です。

正直、旧帝大医学部、単科医学部を除き国公立合格に難問や癖のある問題を解ける能力は必要ないと思います。
標準的な、本当に典型的な問題をどれほど完全に自分のものに出来るかの勝負かと思います。
医学部受験生が使いがちなハイレベルな問題集は基本的にオーバーワークになるので使わない方が良いです。
自身の指導経験、相談経験からこれだけは確実かと思います。

これから医学部を目指す方には、是非この一点のみ意識して頂ければ効率的に合格に近づくかと思います。

今年の受験もいよいよ大詰めですが、皆様の医学部合格を心よりお祈りしております。



このブログがほんの少しでも皆様のお力になることが出来ましたら、
是非1クリック押して頂けたら嬉しいです!更新の励みになります(^^)


成績が上がるということの面白い背景

皆様こんばんは!

今日は、成績が上がるという事象についての持論を書きたいと思います。

成績が上がる、つまり偏差値が上がったり、順位が上がったりするということは、前にいる他者を追い抜くイメージをお持ちの方も多いと思います。

しかし、個人的な見方として、成績が上がるということは、別に自分自身がスピードを上げて全力疾走しなくても、コースから逸れたり、その場でなぜか踊り出してる他者を横目にスタスタと自分のペースで歩くイメージが実情に近いと思います。

つまり、特別なことをしなくても、普通に勉強してれば多くの受験生は抜かせます。

それはなぜか、上記の例で挙げた通り、多くの受験生がびっくりするほど無駄な動きをしているからです。

レースの途中、前に進もうと一生懸命走っているつもりでも外から見たら、タコ踊りをしてるようにしか見えないなんてことも珍しくないのが医学部受験に限らず、ペーパーテストの恐ろしいところです。


分かりやすい例で言うと、1日10時間勉強してます!8時間は教科書の書き写し、2時間は単語帳の書き写ししてます!みたいな人がいたら、誰が見たってレースでまともに走っている人には見えないでしょう。

これは極端な例ですが、多かれ少なかれ変なことをしている人が本当に多いです。
だからこそ、正しく勉強することが出来れば、自然に他の受験生をごぼう抜きできます。特別なことなんて何一つ必要ありません。

正しい勉強法を行えるのが受験生の100人に1人、正しい勉強法を行えた受験生でそれを強い意志で続けることが出来る人が100人に1人だとしたら、正しい勉強法を受験まで続けるだけで、貴方は1万人に1人の超優秀者です。

巷では、偏差値30から東大、医学部に逆転合格的な本や雑誌が多々有りますが、種明かしをするならばこういうことです。
魔法の勉強法なんてありませんし、いりません。

私の書籍も特別なことは何一つ書いてません。
全力疾走のつもりがタコ踊りになってたというような状況にならないようにすること、そして泥臭くても、皆様が必死に頑張ってやった勉強が確実に血となり肉となり、現実的に医学部に合格出来るような勉強法を書きました。

受験において、上手くやる必要はありません。
上手くやるより、変なことをしない、正しいことをする。
これが一番大切です。


このブログがほんの少しでも皆様のお力になることが出来ましたら、
是非1クリック押して頂けたら嬉しいです!更新の励みになります(^^)


医学部の難易度はピークアウトしたかも

皆様こんばんは!

タイトル通り、医学部の難易度はピークアウトした感が有りますね

今後も医学部志望者が増加するのは、想像に難くないですが、受験者が増えても難易度はほぼ変わりません。
その理由はご察しの通り、受験者が増えても合格圏の人数はほとんど変わらず圏外の人数が増えるだけだからです。
体感として受験者が100人増えてもその中に合格枠を争うレベルの人が1人増えるかどうかというレベルです。

さらに、日本の最近の合計特殊出生率は持ち直してきているものの、人口増加にシフトするほどの数値には程遠いので長期的には医学部の難易度は下がります。
高学歴の再受験者が無双する時代も近いかも知れません。
ていうか既にその時代が来てる感すら有ります。

特に私立医学部で顕著ですが、見た目の難易度と実情はかなり異なるので、情報を正しく読んでしっかり対策すれば基本的には受かります。

やたらと難しいとか大変とかいう文脈で語られる医学部入試ですが、前回記事で言及させて頂いた係数を0.8や0.7にするような変なことをしなければ普通に勉強して普通に受かります。

これから受験生になられる方は、感情的な論調に惑わされず安心して勉強して頂ければと思います。


このブログがほんの少しでも皆様のお力になることが出来ましたら、
是非1クリック押して頂けたら嬉しいです!更新の励みになります(^^)


そろそろ学生生活も終わりに近づき思うこと

皆様こんばんは!

そろそろ卒業式も近づいてきて、学生時代の自分の活動について少し思いを馳せて見ました。

私は、一度医学部を諦め他学部、しかも文系学部に進学し、その後医学部に入学した経験から、私のようにもがき足掻きながらも医学部を目指している方々の力になれるようこのブログを開設し、それから色々な活動を行ってきました。


特に私が力になりたかったのが、医学部に合格するために必要十分な勉強量、勉強時間を確保しているにも関わらず、結果の出ていない方です。

意外かも知れませんが、たくさんの受験生の方と接する中で気づいたことは、医学部に合格するための勉強量、勉強時間を100とするならば、既に100の量を勉強している方、それどころか110、120の勉強をしている方も珍しくありません。


ならば、なぜその方々は結果が出ていないのか。
答えは簡単で勉強のやり方が間違っているのです。

間違った方向の勉強は、0.Xの掛け算です。
つまり、120の勉強をしていても、間違った勉強で0.8掛けされたらそれだけで、96となり医学部に必要な基準を満たせなくなります。


これは、なかなか気づけないことで、この係数の部分が0.7だったり、0.6だったりととんでもないことになっていることに気づかずに勉強を続けていると何年やっても医学部に受からないということになります。
これが、十分な努力をしているのに何年も何年も医学部受験をしている方が出てきてしまう背景です。


逆に、この係数が1.5などになるとどうなるか。
なんと、80の勉強量でも120と医学部合格に必要な基準を楽々満たしてしまいます。
これが、受験直前まで部活をしているような圧倒的に時間の少ない現役生が理三を始めとする難関医学部にもさっと受かってしまうカラクリです。


私は、この係数が0.6や0.7で止まっている方の数値を底上げするということを目的に活動を行ってきました。
一度医学部を諦めた自分の高校生時代を思い出して見ても、きちんと十分な努力をしているのに結果が出ないことほど悔しいことは、人生においてそうないと思います。
そのような状況から抜け出せない方に無事脱却して頂くお手伝いするというのが私の目的でした。


私もたかが20台後半なのでこう書くと偉そうなのですが、これからの将来有望な皆様の目標達成のお手伝いをさせて頂いた日々は、とても楽しく充実していました。


まだ、少し時間が有るので、微力ながら最後まで皆様のお力になれるように活動していきたいと思います(^_^)

このブログがほんの少しでも皆様のお力になることが出来ましたら、
是非1クリック押して頂けたら嬉しいです!更新の励みになります(^^)


Appendix

プロフィール

ぴと

Author:ぴと
1年間の大学生活と1年間の浪人生活を経て、現在都内某旧設医学部医学科(慈恵医大)在籍中




管理人ぴとの書籍です!
私の持てる全てを詰め込んだので、もしよろしければ、是非お手に頂けたら幸いです(^_^)


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR