Entries

「化学Ⅰ・Ⅱ標準問題精講」

今日は久しぶりに、参考書の紹介をさせて頂きます。




「化学Ⅰ・Ⅱ標準問題精講」です

そういえば、今まで化学の参考書について何も書いていなかったと思い、私の受験生時代に使った中で
最も役に立った化学の参考書の一つを紹介させて頂きます。


標準問題精講シリーズは数学で使っている人が多いかも知れませんね。
実は理科でも生物、化学、物理で出ているのですが、個人的に化学が間違いなく名著だと思います。


問題は標準よりもやや難しめで、模試で一問は見つけるちょっと考えさせる問題が中心です。
使うレベルとしては、偏差値60~65くらいで安定した(つまり基礎的な問題ならほぼ解ける)人や、
「化学重要問題集」や「セミナー化学」などの基礎~標準レベルの問題集を一通り終えた人が適切でしょう。


私は化学重要問題集を中心に当初学習を進めていたのですが、私の大学は化学が難しいのが特徴なので、
どうしてももう一歩進んだレベルの問題集をやっておく必要が有りたくさん思考錯誤した結果、これを使いました。


参考書の特徴としては、非常にためになる問題が多く、ちょうどやや難というか標準+αといった感じなので
実力試しや力をもう一歩伸ばすのに非常に役に立ちました。

結果として、実際の入試では、化学でほぼ完答することが出来ました。


解説が恐ろしく詳しいのも特徴で、独学にも非常に適しています。


理科二科目で化学は比較的時間が掛かってしまいがちな科目なので、化学の実力に自信を持っているとそれだけで心理的にも余裕が生まれるので、是非取り組んで頂きたい参考書の一つです!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/101-17f71214

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ぴと

Author:ぴと
1年間の大学生活と1年間の浪人生活を経て、現在都内某旧設医学部医学科(慈恵医大)在籍中




管理人ぴとの書籍です!
私の持てる全てを詰め込んだので、もしよろしければ、是非お手に頂けたら幸いです(^_^)


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR