Entries

予備校の夏期講習についての個人的見解

皆様お久しぶりです!
更新遅れ気味ですみません;


今日は予備校の夏期講習について書こうと思います


まず、初めに私は予備校の夏期講習を受けたことが有りません
高一の頃友達に誘われて取ったのですが、めんどくさくなっていきませんでした^^;
友達付き合いも有るので残り2日くらいの時から参加したのですが、こりゃいらんかったなと思ったのが率直な感想です。

なので、今回の記事はかなり主観的になってしまうかも知れないのですが、私個人が現役の頃から
ずっと思っていた夏期講習についての見解を書きます。


まず、受験で良く言われる「夏は受験の天王山!」というのは真なのか?

これは思い切って「否」と答えたいと思います。


なぜなら、夏は受験の天王山というのはそもそも現役生が勉強時間をたくさん確保できるので
実力を伸ばすチャンス!という意味で使われ始めたのだと思います
なので、現役生はこの期間で成績を上げなきゃダメだ!と必要以上の焦燥感を掻きたてられていると思います
今高3生を指導しているので特にそれを感じます。


しかし、夏は受験の天王山というのは個人的に疑問を感じます。
確かに勉強時間を確保出来るという意味では重要な時間では有るのですが、私は受験生の一年間は毎日が常に
等しく重要な時間だと思うので夏が天王山という認識は間違っていると思います。


某受験対策本では受験は天王山というのは予備校業界がたくさん講習を取ってもらうために作った言葉と書いてあり、とても的を得た見解だと感心しました
非常にマイナーな本で、耳の痛いことばかり書いてある本なのですが、受験に対してとてもするどい見解が
書いてある本なので今度紹介しようと思います


予備校業界全体を的に回す発言ですが、個人的に夏は自分の勉強ペースをしっかり確立する時間にした方がいいと思います。
夏前から良いペースを作れているのなら、夏だから!と過剰な学習プランを立てずそのままのペースで
着々とやるべきことをやるのが絶対に最善です。
そこで、下手に夏期講習などを取りまくって無駄にやるべきことを増やし、ペースを乱すなんて本末転倒です


しかし、現役生コースや浪人生コースなどで自分の勉強のペースの基盤が予備校にあるのなら
いつもの勉強に補足という感じで夏期講習を取るなら問題なしです


とにもかくにも、夏でも秋でも冬でも、やるべきことをやるべき時に着々とやるのが合格への近道かつ王道です。

予備校も学校も独自の方法論に絶対の自信を持ってるので、ただでさえ不安でしょうがない受験生が
特に理由もなく予備校に通ったり夏期講習を取ってしまったりしている現状が有ります
頭を使って必要なものを必要な量だけ取れる人は予備校を上手く使って成功するのですけれど
私が見た限り大抵の受験生が変なサブリミナル教育の結果間違った方向に突っ走ってる印象を受けざるをえません



自分の頭で考えましょう。
あなたを医学部に入学させるのはあなたしかいないのですから。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/103-bb3246a0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ぴと

Author:ぴと
1年間の大学生活と1年間の浪人生活を経て、現在都内某旧設医学部医学科(慈恵医大)在籍中




管理人ぴとの書籍です!
私の持てる全てを詰め込んだので、もしよろしければ、是非お手に頂けたら幸いです(^_^)


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR