Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/105-f6116c3a

トラックバック

コメント

[C46]

初めまして。梨と申します。

私も独学で化学の勉強をしていて、この本を持っています。
今は始めから終わりまで精読をしようとしているのですが、時間がかかり、効率が悪いかなと思いはじめています。

ぴとさんはこの本を精読されましたか?
この本を隅々まで精読するのか、この本は辞書として並行しながら問題集も解くべきなのか、どちらがオススメですか?
  • 2013-11-24 20:07
  • URL
  • 編集

[C47]

はじめまして!
ご返信が遅れてしまい、申し訳ありません!;

はっきり言ってしまうとこの本は通読用の本ではありません!(笑)
基本的に化学の辞書として使うべきです。
辞書を通読しないのと同じで、この本は必要なときに必要な部分を読むのに適しています。

ちょっとしたことでも相当詳しく書いてくれているので、疑問の解決+αぐらいの知識と理解を得られるのがこの本の素晴らしいところです。

なので本当に一から化学を独学するために、まずは基礎的な知識を入れたいのなら講義型参考書をおすすめします!


またいつでも遠慮なく質問してくださいね^^
  • 2013-11-30 11:54
  • ぴと
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「化学の新研究」

皆様こんにちは!
前に化学の参考書について書いたので、今日はそれに続けて、化学の参考書を紹介します。





「化学の新研究」です!

私が受験生の頃は、化学Ⅰ・Ⅱの新研究というタイトルだったのですが、少しシンプルになりました。


個人的にこの本は理系で難関大を目指す人なら必携だと思います。
特に医学部志望ならほとんどの受験生が持っていると思ったのですけれど、今教えている受験生の子が
誰ひとりとして持っていないので、もうそれほど有名じゃなくなったのかと思ったので、紹介させて頂きます。


この本は参考書というよりも言わば、辞書や高校レベルで書かれた化学の専門書に近いです。
それゆえに本当に詳しく、大げさでなくどんなことでも書かれています。

今まで当たり前だと思っていたことも、この本を読むと意外に完璧に理解できていなかったことを思い知らされます。

特に、国公立私立を問わず難関医学部を目指すなら、本質的な理解を伴った学習をしていないとしっかりと得点することが難しくなってきます。
駿台全国や医学部模試などハイレベル模試を受けてみると実感できると思います。


そして何より独学にぴったりの本です。
化学に関して、私は独学でやっていて、この本を読んでわからないところや理解できないところはできませんでした。

独学で医学部を目指すなら正に必携の書です。
そして、もちろん現役生や予備校に通っている方なども、授業をさらに深く吸収するためにこの本は非常に有用です。

どんな方法や問題集で学習を進めるにしても是非、手元に置いて欲しい本です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/105-f6116c3a

トラックバック

コメント

[C46]

初めまして。梨と申します。

私も独学で化学の勉強をしていて、この本を持っています。
今は始めから終わりまで精読をしようとしているのですが、時間がかかり、効率が悪いかなと思いはじめています。

ぴとさんはこの本を精読されましたか?
この本を隅々まで精読するのか、この本は辞書として並行しながら問題集も解くべきなのか、どちらがオススメですか?
  • 2013-11-24 20:07
  • URL
  • 編集

[C47]

はじめまして!
ご返信が遅れてしまい、申し訳ありません!;

はっきり言ってしまうとこの本は通読用の本ではありません!(笑)
基本的に化学の辞書として使うべきです。
辞書を通読しないのと同じで、この本は必要なときに必要な部分を読むのに適しています。

ちょっとしたことでも相当詳しく書いてくれているので、疑問の解決+αぐらいの知識と理解を得られるのがこの本の素晴らしいところです。

なので本当に一から化学を独学するために、まずは基礎的な知識を入れたいのなら講義型参考書をおすすめします!


またいつでも遠慮なく質問してくださいね^^
  • 2013-11-30 11:54
  • ぴと
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ぴと

Author:ぴと
1年間の大学生活と1年間の浪人生活を経て、現在都内某旧設医学部医学科(慈恵医大)在籍中




管理人ぴとの書籍です!
私の持てる全てを詰め込んだので、もしよろしければ、是非お手に頂けたら幸いです(^_^)


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。