Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/159-5618a713

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

間違った医学部受験の常識③

皆様こんばんは!
世間はすっかりクリスマスですね。
受験生のとき、勉強からの帰り道、街中の華やかな雰囲気がなかなかに辛かった記憶があります(笑)

さて、本日は、前回の記事の続きから書かせて頂きます。
前回の記事では、医学部受験において世間一般で言われているような受験常識は大抵間違っていたり根も葉もない噂の領域を出ないという話をさせて頂きました。


世間では、医学部受験に限らず、「なんだかよくわからないけど難しそうなもの」は尾ひれ背びれがついて
ずいぶんと話が大きくなるきらいがあります。

私の高校時代に話を戻すと、やはり、医学部を目指す生徒がいないことから医学部に関する適切な情報を先生が
持っていなかったので、結局はイメージでしか語れず、私の高校の先生たちは、医学部は難しいという程度の認識しかなかったわけです。

これは、先生方が別に悪い訳ではなく、医学部を目指す生徒がいなければ医学部の情報を持っている必要もないわけで、当然の現象といえば当然の現象なわけです。
しかし、ここに無名高校から、東大や医学部にいけない理由の一つが隠れていると思います。
先生たちが、東大や医学部を神格化してしまうとそれは雰囲気として学校全体に広がってしまいます。

そのため、生徒が胸を張って医学部を目指していると言えない雰囲気が出来上がってしまいます。
その結果、やっぱりこの高校から医学部を目指すを目指すなんて無謀なんだ・・・ひいては、自分なんかが医学部を
目指すなんて無謀なんだ・・・という思いが強くなって結局受験もせずに諦めてしまうわけです。

これは、私の勝手な想像ではなく、私の庭教師経験から、私の出身校のように医学部進学者が出たことのないような高校、もしくは数年に一度レベルでしか医学部が出ないような高校の生徒さんは、みんなそもそも医学部受験をすること自体に臆病になってしまっている傾向がかなり高確率で見受けられます。

それはきっと、教師からの誤った情報が原因かも知れませんし、予備校が無駄にたくさんの講座を取らせるための意図的な医学部神格化によるものかも知れません。

しかし、医学部受験を終えて、さらに今までたくさんの生徒さんをご指導させて頂いて強く感じることは、
医学部は誰でも入れるということです。



さて、皆様も不思議にお思いの点かも知れませんが、自分で情報を集めまくって医学部は越えられる壁であると
確信しならがらも、なぜ私は現役時代に一度医学部を諦めて他学部に入学してしまったのか。

次回以降そのことについて書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/159-5618a713

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ぴと

Author:ぴと
1年間の大学生活と1年間の浪人生活を経て、現在都内某旧設医学部医学科(慈恵医大)在籍中




管理人ぴとの書籍です!
私の持てる全てを詰め込んだので、もしよろしければ、是非お手に頂けたら幸いです(^_^)


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。