Entries

間違った医学部受験の常識④

皆様こんばんは!
前回更新から時間が経ってしまい申し訳ございません!;

では、前回記事からの続きを書かせて頂きます!

前述の通り、私は、独学で受験することを決めてから、徹底的に医学部や医学部受験に関する情報を集め、
おおよその医学部の難易度や必要な学力について把握することができました。
また、その学力の習得に必要な参考書や問題集などもおおよそ掴めてきました。
医学部受験を終えた今、それらは大きく誤ったものではなかったと思います。

それにも関わらず、私が現役で医学部にいくことを挫折した理由は大きく3つあると思います。

①周りの環境
これは、言い訳と言われてしまえばそれまでなのですが、これは医学部受験にかなり重要なファクターでした。
そもそも、高校に医学部を目指しているのなんて当然のことながら私一人でしたので、まさに孤軍奮闘でした。
さらに、周りの友人が推薦等で、早々に大学を決めたり、私の高校では現役至上主義だったので、浪人することが
まるで大罪のような雰囲気があり、現役で伸びなきゃ浪人しても大体無駄みたいな風潮でした。
100%そのせいではないのですけれど、だんだん私の中で、「現役はどう考えても厳しい。でも浪人したところで
医学部なんてとても届かないんじゃないか」という不安が大きくなっていきました。
結局、その不安に押しつぶされる形で完全に妥協して、一度は他学部に進学したのでした。


②時間の不足
私は訳あって、高校を転校しており、前の高校と卒業した高校に転入するまでに1か月以上休んでいて、
さらに2つの高校の授業進度や授業科目の関係上、私は高校時代に既に独学でやらなければならない科目が多く、
数学Ⅰ・Aの大半、化学Ⅰ、英語の高1相当分野などは、教わる機会がなかったので、全て自分で勉強しました。
それ加えた現在習っている勉強もこなして定期テストを受けなければいけなかったので、そもそも高校の勉強を
ちゃんと人並みに取得するので手一杯でした。
しかし、今思えばこの経験が私に独学でもいけるという自信をつけてくれたように思います。
さらに、これは学力をつける時間の不足もそうですが、③にも関わることで効果的な戦略を練られるだけの時間がなかった
とも言えます。


③戦略の立て方が分からなかった
これが何より一番の原因です。
医学部に合格するためにどれほどの学力が必要かを大体把握した、そのための参考書や問題集もそろえた。
しかし、どうやって勉強を進めていけば良いかわからない。
これが私の最大の問題でした。前述のように私は自分一人で勉強せざる負えない環境にいたため、一人で勉強進める
ことに関しては比較的得意だと思っていたのですが、それは定期テストレベルまでの話で、実際に医学部受験を
目指して勉強してみると、驚くほど成績が上がらないのです。
勉強をサボっている訳ではない、使っている参考書が悪い訳でもない。
しかし、いくら勉強しても目標の偏差値に全く届かない。そうこうしている内に、受験を迎えてしまいました。
原因は、完全なる戦略ミスでした。
②の時間の不足も原因ではありますが、もし今自分が高校時代の自分に家庭教師をしてあげられることが出来るならば、
合格させることは十分に可能だったと思います。


以上のようなことが原因で私は現役時代、他学部に進学してしまったわけです。

しかし、当然のことながら自分の中で全く不本意な進学だったので、大学生活は散々なものでした。
一応、医学部以外でも多少興味のある学部に進学したのですが、とにかくつまらない。
友達を作ってみたり、ボランティアをしてみたり、バイトをしてみたり、なんとなく大学生らしいことを一通りしてみたのですが、もうびっくりするほど何も面白くないわけです。
なんというか、あの時の記憶を思い出してみると「無感情」の一言に尽きます(笑)
しかも、せっかく入って学費も払ってもらってるんだからと一応授業も休まず出ていたのですが、今思い出してみると
1年在学していたにも関わらず、全く何も覚えていません。

というわけで、このまま続けていても何もならないと思い、医学部にもう一度挑戦することを決意しました。
退学届を大学の教務部に提出したときの、あのとんでもなく晴れやかな気分だけは今でも思い出せます(笑)
「うおっしゃー!やったるぜー!」というやたらめったらハイテンションで晴れて肩書きが浪人生になったのでした(笑)

そして、一年間の大学生活で高校の勉強なんて完全に忘れていたので(ただでさえ付け焼刃の知識だったので、本当にきれいさっぱり忘れてました)本当にいわゆる0からのスタートをきったのでした。


なんだか完全に私の自分語りになってきてしまいましたが、こんなエリート街道とは程遠い人間でも医学部に入学できるんだということを知って頂きたいのと、ちょっとしたコラムになればと思い書かせて頂いております。

次回は私の浪人時代に突入してからを書かせて頂きます。

今年も残すところ後1日ですが、どうぞよいお年をお迎えください(^^)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/161-6d65d85b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ぴと

Author:ぴと
1年間の大学生活と1年間の浪人生活を経て、現在都内某旧設医学部医学科(慈恵医大)在籍中




管理人ぴとの書籍です!
私の持てる全てを詰め込んだので、もしよろしければ、是非お手に頂けたら幸いです(^_^)


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR