Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/175-a3421bd9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

これから医学部受験を始める方へ①

皆様お久しぶりです!
最近非常にバタバタしていたので、更新がしばらく停滞してしまい申し訳ありませんでした;

さて、そろそろ今年の医学部受験も関東圏の私立はほぼ全て終わったところでしょうか。
今年は新課程移行ということで、どうなるかと思ったのですが、問題を見る限り、基本的に旧課程に準ずる形でしたね。
恐らく、本格的に新課程の問題が登場するのは、来年以降な気がします。
とにもかくにも、受験した皆様に朗報が訪れることを祈るばかりです。

そして、本日は、これから本格的に医学部受験を目指す皆様に向けてメッセージを送らせて頂きたいと思います。
今日の記事は、かなりの部分が私の個人的な推測に基づいているのであくまでも参考として読んで頂けたら幸いです。

まず、皆様は最近医学部に限らず理系志望者が増加傾向にあることをご存じでしょうか?
私が高校生の頃、6、7クラスあったのですが、理系クラスは3クラスのみ、さらに数学ⅢCや理科のⅡまでの勉強する本格的な理系クラスはわずか2クラスのみでした。
高校のレベルによって多少変わってくると思いますが、基本的に理系は少数派でした。

しかし、最近理系に人気が出てきた理由は、恐らく学問的な要因よりも就職に対する不安などが大きな理由だと考えています。
医学部とは言わずとも、理系学部なら多少就職のとき有利になるのではという考えが高校生の間に広がっているような印象を受けます。


さて、そうなってくると避けられないのは今後起きるであろう医学部の難化です。
私が受験生の頃も医学部の定員数増加が連日ニュースになったりと医学部ブームのようなものが起きていたのですが、現在は将来に対する不安からくる第二の医学部ブームのようなものが起きているという気がしてなりません。
言わずもがな、医学部に合格し、無事卒業すれば、就職の心配もせず、医師という社会的にも認められている職業が確保されます。
そうなると、ハイレベルな工学部や理学部志望者が医学部に流れてくるのも当然の流れです。
もちろん、工学部や理学部ではっきりとやりたいことがある!という人は関係ない話だと思いますが、文系か理系なら理系かな?くらいの人でかつ多少学力に自身のある人はみんな医学部を目指し始める可能性が有ります。
これは私の推測でしかありませんが、十分に起きうる未来な気がします。

また、これはかなり私の主観的な意見ですが、2chやまとめブログもこのブームの火付け役として一役買っているような気がします。
実を言うと私もときどきまとめブログなどを見たりしているのですが、医学部や医者に関するスレッドが定期的にまとめられています。
多くは医師だったり医学生を自称する人が書いているのですが、内容を見る限り恐らく本物の医師や医学生が多いので、話もリアルでなんとなく医学部に興味が出てくる人がいても不思議ではありません。


さて、今後国立医学部ではかなり高い確率でこの流れが起きると思いますが、私立も例外ではありません。
私立医学部は学費が高いので、それほど受験生は増えないだろうという意見もあるかも知れませんし、もちろんそれは言えると思いますが、受験生増加は避けられないと思います。
なぜなら、東大入学者の世帯収入がかなり高い水準であることは有名な話ですが、高い学力を持った受験生は教育に力を入れている家庭の子供が多く、そのような家庭は教育費に力を入れられるほどの経済力のある家庭だったりするので、私立医学部の学費も彼らの足を遠のかせる理由にならないからです。
現在も、私立医学部の受験者数は年々増加傾向にあるらしいですが、恐らく今後も激化が予想されます。


さて、そうなってくると大切なのは一つです。

それはさっさと医学部に入学してしまうこと

これに尽きます。

どこからともなく、それが出来たら苦労しないわ!という声が聞こえてきそうですが、無責任にこんな発言をしている訳ではありません。

という訳で、明日以降、「さっさと医学部に入る」方法を書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/175-a3421bd9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ぴと

Author:ぴと
1年間の大学生活と1年間の浪人生活を経て、現在都内某旧設医学部医学科(慈恵医大)在籍中




管理人ぴとの書籍です!
私の持てる全てを詰め込んだので、もしよろしければ、是非お手に頂けたら幸いです(^_^)


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。