Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/276-b8ca9357

トラックバック

コメント

[C83] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C84] Re: タイトルなし

初めまして!コメントありがとうございます(^_^)

私が、医師を志したきっかけは、幼少の頃から人の心に興味があり、高校時代は哲学や心理学にどっぷりつかっていて、精神医学というものが有ることを知り、精神科医になりたいと思ったからです。
ただ、現在は、色々勉強して色々な科を見ていく中で、それぞれの科にそれぞれの魅力が有り、どこにいこうか決めかねています^^;
慈恵を選んだ理由は、幼少の頃か訳有って慈恵病院に何度か足を運んでいたため身近な医大だったことと、田舎に住んでるので単純に東京のど真ん中にあるという立地に惹かれたところも有ります(笑)

私にとっての「病気を診ずして、病人を診よ」はなにかというのは非常に難しいご質問ですね^^;
まだ学生の身分なので偉そうなことは言えないのですが、病気を治すことだけに注力することなく、患者さんの社会的背景や、心の中で望んでいることなど、患者さんの人格や人生そのものを捉えた上で、全人的な医療を行う姿勢だと思っています。
とは言っても、まだまだ表面的な理解に過ぎないと思うので、一生をかけて学んでいきたい考え方です。
  • 2015-12-26 22:33
  • ぴと
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Merry Christmas!!

皆様こんばんは!
そしてお久しぶりです!

随分と更新が停滞してしまってすみません;
書きたいことはたくさん有ったのですが、最近なかなかに忙しくて更新する時間が取れませんでした;
更新をしていないときも、このブログを訪れて下さっている皆様には、本当に感謝しております。心からありがとうございます。

さて、今日はクリスマスですね!
といっても、既に24時を過ぎているので、バリバリの26日なのですが(笑)

クリスマスと言っても、受験生の皆様はそれどころではないと思いますし、同じ道を通ってきた者としては、皆様の心中を察して余りあります。

再受験生時代のクリスマスのときの気持ちは、今でも鮮明に思い出せます。
勉強の帰り道、街中にいる楽しそうな人たちを見ては、なんともいえないgoddamnという気持ちになったものです(笑)

ただ、今振り返って思うのは、再受験生時代の辛かったクリスマスも、その時最も幸せな過ごし方だったんだと思います。
友人からの誘いもありましたし、1日のうちの夜の数時間ぐらい、ちょっとした息抜きで遊んでもいいやとしてしまうのは確かに簡単でした。
でも、やらなきゃいけないことから目を逸らし、周りが楽しそうだから自分も楽しまなければというのはやっぱり何か違うと思いますし、そこで本当の楽しみは得られないと思います。
SNSに自分の日常を見せびらかして、他人から自分の日々を評価してもらうような人生は寂しいじゃないですか。


受験生の皆様にとって、恐らく今が受験期で最も辛い時期だと思います。しかし、ここが耐え時です。
月並みな言葉ではありますが、この修羅場を超えたら、皆様の中に間違いなく一生ものの自信が生まれると思います。
医学部受験という決して低くないハードルを超えることが出来たという事実は、医学部に入ってからも、きっと医師になってからも、皆様を支えてくれると思います。
合格したときの喜びは、一過性のものです。入学したら忙しい生活の中で受験時代のことはきっとすぐに遠い過去のことになります。
ですが、心の奥底に生まれた「自分でもやれば出来る」という気持ちは、きっと皆様の宝になるはずです。


今年の更新は、この記事で最後になります。
今年は、エール出版社様から書籍を発売させて頂くことが出来、私が長い間ずっと温めてきた医学部受験の必勝の策を世に出させて頂くことが出来ました。
また、去年から始めさせて頂いた、ご相談のご依頼などを、ありがたいことにたくさん頂くことができ、たくさんの受験生の方にお会いすることが出来ました。私自身も、受験生の皆様のおかげで日々成長させて頂いていると感じます。
それと、書籍を通して、とても素敵なご依頼を頂き、来年から新たな活動にチャレンジさせて頂くことになっておりますので、もし許可を頂けましたら、来年是非こちらのブログで発表させて頂きます。


受験生の皆様、今が一番辛い時期ですが、受験期で一番、というより人生で一番の踏ん張り時と言っても過言ではありません。
自分の限界を突破するくらいの勢いで、残りの期間、全力で駆け抜けて下さい!
とは言っても、体調を崩してしまっては、元も子もないので、寒い時期ですし、風邪も流行っているので、体調には十分に注意して下さいね(^_^)

今年は、当ブログをご覧になって下さり、本当にありがとうございました。
来年も、受験生に皆様のお力に少しでもなれるように、更新を続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
皆様の合格を、本当に心から応援しております。


それでは、皆様よいお年をお過ごし下さい!(^_^)



このブログがほんの少しでも皆様のお力になることが出来ましたら、
是非1クリック押して頂けたら嬉しいです!更新の励みになります(^^)




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/276-b8ca9357

トラックバック

コメント

[C83] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C84] Re: タイトルなし

初めまして!コメントありがとうございます(^_^)

私が、医師を志したきっかけは、幼少の頃から人の心に興味があり、高校時代は哲学や心理学にどっぷりつかっていて、精神医学というものが有ることを知り、精神科医になりたいと思ったからです。
ただ、現在は、色々勉強して色々な科を見ていく中で、それぞれの科にそれぞれの魅力が有り、どこにいこうか決めかねています^^;
慈恵を選んだ理由は、幼少の頃か訳有って慈恵病院に何度か足を運んでいたため身近な医大だったことと、田舎に住んでるので単純に東京のど真ん中にあるという立地に惹かれたところも有ります(笑)

私にとっての「病気を診ずして、病人を診よ」はなにかというのは非常に難しいご質問ですね^^;
まだ学生の身分なので偉そうなことは言えないのですが、病気を治すことだけに注力することなく、患者さんの社会的背景や、心の中で望んでいることなど、患者さんの人格や人生そのものを捉えた上で、全人的な医療を行う姿勢だと思っています。
とは言っても、まだまだ表面的な理解に過ぎないと思うので、一生をかけて学んでいきたい考え方です。
  • 2015-12-26 22:33
  • ぴと
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ぴと

Author:ぴと
1年間の大学生活と1年間の浪人生活を経て、現在都内某旧設医学部医学科(慈恵医大)在籍中




管理人ぴとの書籍です!
私の持てる全てを詰め込んだので、もしよろしければ、是非お手に頂けたら幸いです(^_^)


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。