Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/335-a22447c9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

医学部は受かって当たり前

皆様こんばんは!

最近ばたばたしていて、随分と更新が停滞してしまいました;

更新のない間でもいつも、このブログに訪れてくださっている皆様、本当にありがとうございます。


さて、久しぶりの更新のくせに随分と思い切ったタイトルをつけましたが、今日はこのタイトルの精神をもって頂きたいというお話です。

私のように医学部志望者自体がそもそもいないような高校にいると当然、医学部というものが神格化されます。

医学部はどこの大学でも東大よりむずいとか、2浪3浪当たり前とかまことしやかに無責任な情報が流れてきます。

そのような環境だと、心理的なハードルが無駄に上がってしまい、勉強外のどうでもいいところで医学部の難易度が上がってしまいます。

一方、超進学校などでは、先輩もみんな医学部や東大にいっているので、自分もそこにいくのは当たり前のことだという認識が一般的になっているので、心理的なハードルはほとんど0に等しいでしょう。

この差は、想像以上に大きいです。

医師のご子息が医学部に合格しやすいのは、経済的なことも有るとは思いますが、親の背中をずっと見ていて、将来自分も当然そうなるという意識がプラスに働いているのは否めないと思います。


以上のように、環境が学力に与える影響はかなり大きいように感じます。

そのため、医学部に合格することはとんでもなくすごいことという世間一般の大多数の方が考えている誤った認識をまず改め、
やるべきことをこなせば合格することは当たり前であるという認識をもって勉強に取り組んで頂けたらと思います。
小さなことのようですが、その方が、絶対に学習効率が高いです。


ちなみに、自分の受験を振り返って良かったことは、予備校に一切通わずに市販の参考書だけで完全に独学で勉強しているので、
余計な情報が入らなかったことです。

医学部がどうとか、簡単とか難しいとかすら考えず、単純に合格最低点を現実的に超えることだけを考えました。

余計なことは考えずに、受験自体をこのように単純化することで、やるべきことが明白に見えてきます。

医学部など難関大学は、やるべきことが多い、そうでもない大学はやるべきことが少ない、ただそれだけです。

能力の高い人が合格するのではなく、受験当日までにやるべきことをちゃんとこなしてきた人が受かるのです。


最近、台風が近づいていたり、天気も不安定ですが、受験生の皆様、どうぞ体調にお気をつけて頑張ってくださいね!(^_^)



当ブログにお越し頂きありがとうございます!
もしよろしければ応援よろしくお願いいたします。
更新の励みになります(^_^)


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/335-a22447c9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ぴと

Author:ぴと
1年間の大学生活と1年間の浪人生活を経て、現在都内某旧設医学部医学科(慈恵医大)在籍中




管理人ぴとの書籍です!
私の持てる全てを詰め込んだので、もしよろしければ、是非お手に頂けたら幸いです(^_^)


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。