Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/90-5653d8f6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

整数問題の対策その2

今日は数学の整数問題について書いていきたいと思います。

実は以前、整数問題について書かせて頂いているのですけれど(カテゴリーの数学の参考書よりご覧ください)
今回はより本格的な整数対策について書いていきたいと思います。

その前に、私がなぜここまで整数対策について書いているのかというと、それには以下の理由が有ります

①学校でちゃんと扱うことが少ないので、意識の低さから満足に対策している受験生が少ない
②有る程度勉強していないと、入試で出題されたとき、解答の方針すら立てられない
③合同式など、整数特有の技法が存在する
④ちゃんと対策すれば、思考力もつくし、得点源になる

などの理由が挙げられます。
また、東大や京大を受ける方は、整数問題の対策は必須事項です。
東大京大だけでなく、私立に比べ国立の医学部では整数問題の出題が目立つので、国立を第一志望にしている
方も是非とも対策しておくべきです。


そこで、前回整数問題について書かせて頂いたときは、入門として、





こちらの参考書を紹介させて頂きました。

しかし、講義型参考書はどうも合わないという方や体系的にまとまった本が良いという方もいると思います。

そこで、私のおススメは





言わずと知れた、受験数学界の名著「一対一対応の数学Ⅰ」です。
この参考書の整数の項は、本当によくまとまっています。

本気を出せば、演習問題を合わせて一日で一周できる量ですし、整数を解くために必要な道具は大体揃います。
また、この参考書の整数の項を三周ほどすれば初級~入試標準レベルの問題は大抵解けるようになります。


さらに、もう少し演習を積みたい。もう少しハイレベルな問題にも触れてみたいという方にはこちらがおススメです。





こちらも東京出版の「マスター・オブ・整数」です
この本は三部構成になっていて、一章が整数の各単元(ユークリッドの互除式、合同式など)ごとに5~6問の演習問題、二章が整数についての基礎知識や、背景となる話、第三章が東大や京大など難関大学の整数問題の研究という構成になっています。

三章はかなりの難易度を誇っているのですけれど、一章の出来が素晴らしいので、一生の問題演習だけでも
相当な実力を付けることが出来ると思います。
一冊全てをやる必要は全くないので、自分で必要な問題を選んで、是非効果的に整数問題の実力UPを目指して頂きたいと思います。



実は私がここまで、整数問題の対策を声高に推奨しているのには、私自身整数問題で痛い経験をしたというのも有ります;

私の第一志望にしていた大学では、数学の問題は大問三問でほぼ全て微積だったので、対策が間に合わなかった整数を捨て、ほぼ微積のみを重点的に勉強していたのですけれど、大問1の小門集合の一つがなんとがっつり整数問題で全く対策していなかったことを深く反省し、後悔しました;

結果として、合格していましたが、正直、整数問題の対策を後回しにすると本当に間に合わなくなりますし、
なんとなくやらなくてもなんとかなる気がしてしまうのですが、出てきたときに後悔しても遅いのです。

私の場合、小門の一つだったから良かったものの(良かったと言っても、小門も三つしかないので一つ出来ないのは相当な痛手でした)、もし大問のひとつになっていたらと思うと今でも恐ろしいです。


どうせ、出ないだろうとか、なんとかなるなどと思わずに、特に国立志望の方は、是非是非早めの対策をおススメします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://igakubujyukenn.blog.fc2.com/tb.php/90-5653d8f6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ぴと

Author:ぴと
1年間の大学生活と1年間の浪人生活を経て、現在都内某旧設医学部医学科(慈恵医大)在籍中




管理人ぴとの書籍です!
私の持てる全てを詰め込んだので、もしよろしければ、是非お手に頂けたら幸いです(^_^)


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。